2008年09月11日

可能性

IMG_0495.jpg

頻繁に幽体離脱を繰り返しているので
夢うつつの気分

では
ごきげんよう
時間と距離が近かったとしてもやはり
不可能であったことも
いまここにあるのに
まったく気に留めてもいないようなことも


posted by nuduca at 07:17| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。