2008年11月24日

百代の森の樅

IMG_4360.jpg

モミと二人 肩を並べて
百代の森を彷徨っているほどに
わたしはモミのいない旅など考えられなくなってゆきました
それなのに
森を抜けるとモミは去ってゆき
わたしは
森の洋館で出逢ったロトムに
モミの輪郭をかさねて
寂しさを紛らわすしかなくなって
しまったのです。

IMG_4355.jpg

または

隋の遺跡の古代の碑文
friend
スベテ ノ
イノチ ガ
ベツ ノ
イノチ ト デアイ
ナニカ ヲ ウミダス

***
樅との別れに拠る傷があまりに深く
そのせいで歩みも鈍く
ぐずぐずとしていて
未だにわたしは随の街に居ます
アンノーンの種類を補完したり
地下の秘密基地の自分の部屋を調えたり
そんなことにかまけています
旅を進めることよりも
滞ることで
また何処かで樅に逢えないか...
そんな期待に自身を沈めているのです。

***
以前にもわたしは
樅と別れ別れになりたくないばっかりに
数週間に亘って
百代の森を彷徨い続けたことが
ありました。

***
そして
百代の森(青い国)の『三ツ葉花木』の紅葉が...

***
ミカルゲ フアンテ
ロトム ハヤシガメ
コロトック ポリゴン


ラベル:Pokemon
posted by nuduca at 20:27| Comment(0) | 青い国の音と言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。