2010年04月01日

怪獣通信

IMG_1736.jpg
「違反者」

IMG_1737.jpg
「背骨折り」
なんかどちらもカワイイ名前だと思う

さて
流行に流されたり
または
社会的地位の象徴をなるような何かを過信したり
その時の趨勢に必要以上に敏感だったり
そうゆうのって
なんか嫌だなあ

流行に流されて本当には好きでもないものを
購い漁ったりするのってなんだろう 笑
そして少しすると
すっかり忘れ去られる様々の事物

それでまあリサイクルショップに山積みされるガラクタがあって
そのガラクタを物色する私は
楽しいのだけれども

***************
さて
本当に何かが好きだったりすると
必ず物語が生じるような気がする
その事物の内包する物語や歴史にまで興味が及んだり
またはその事物の印象が想像力に作用して
自分自身の中に新たな世界が構築されたりする。
そのような物語が事物と自我との関係を豊かにするんだ 笑

莫迦げた怪獣も精神世界で
生き生きと暴れ回る
そのようになるともう
事物が自我を手放さないものだ

まあ「事」は記憶に拠るけれど
「物」はかさばるのでややこしい
でもさ物語という前提があるならば
物も事もそれほど違わないし
愉しいものだ

なんだか楽しい


posted by nuduca at 21:00| 夢の中の幽かな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。