2010年11月25日

no more green bananas



とあるjazzのunitのサポートで日本ツアーしてたDanielが
ツアー了ってから少し家に滞在してたので
いろいろ出掛けたり食べたりして楽しく遊びました。。

そのDanielのお父さんは
(私も倫敦で一度だけお会いした事ありますけどね)
すっごく元気でテニスしたり旅行したり悠々自適に暮してたのに
ある日突然亡くなってしまったのだそうです。
亡くなる前に冗談で
「バナナが黄色くなるまで待ってたら死んじゃうかもしれないから
 青いバナナはもう買うのはやめよう。黄色く熟したバナナだけ買うんだ。」
みたいな訳の解らん冗談を云ってたそうだけど
その黄色いバナナさえ購わないうちに他界してしまったので
Danielは
お父さんにこの「No more green bananas」なる曲を創って
捧げたのだとか...

Danielらしい
とてもリリカルな和音の曲

videoの中でピアノの横にコントラバスが置いてあるのは
ハイテク椎茸栽培ラボのある古い友人の家


posted by nuduca at 17:32| 青い国の音と言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。