2010年12月20日

all things must pass

IMG_5834.jpg

私のねこバスは
未だ西!!!独逸製と表記されていて
再従兄弟殿の形見な訳だけれど
今日はその再従兄弟殿の一周忌の法要だった

菩提寺に赴き懇ろに墓参致し候

夜中に流れる古い古いバート・バカラックの音楽
ジョン・ゾーンはなんであんなにゴミなんだろう???

時の流れとと共に何もかも移り変わってしまうし
自我と云う主観からすれば
なにもかもが時の流れと共に失われて行ってしまう

ねこバスは私の好きなように生まれ変わり
再従兄弟殿の思った独逸車とは大きく様変わりしてしまった

翔んだり跳ねたりにしか興味なかった私は
それでも
自分では思いもしなかったような大人しい淑やかな
このような巡航挺を
大切な形見として愛でて
このように
造り変えたわけで
そして
再従兄弟殿はやはり
生き続ける訳だ

ほかの誰かの恋人として

************

再従兄弟殿は
軽く五百年を越えて明確に辿れる家系の末孫でありながら
そうあることを飄々とかわして
軽々と波乱万丈の駆け足の生を疾駆して
既に鬼籍の人だ

夜のガスパール
夭折の詩人

私は
枕元に
「夜のガスパール」を置いて
それから

キツネの毛皮の枕を
小さい頃 意味も知らずに欲しがった
キツネの剥製そのままのストールを
夢見ながら
眠るんだ
もう
睡る時間など
残されてはいないのに

記号
暗号

いつまでも
言葉は記号のままで
それを操ろうとすれば
とことん遠のいてしまう
意味を
追いかけて
軽やかに陥るように
もう一度
夢に
浸る

ではでは


posted by nuduca at 04:36| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。