2012年10月02日

Ночь на Лысой горе

IMG_6142.jpg
やはり新古書店でCD購った
わたしは
器楽曲好みで大編成オーケストラが苦手なので
あんまりオーケストラ作品購うことないけど
随分小さい頃好きだった
「はげ山の一夜」とか
オーケストラ版の「展覧会の絵」とか久しぶりに聴いてみたかったし
兎に角廉価だった

それで禿げ山久しぶりでびっくりしたのは
まるでカットアップの如くに
フレーズ毎に細切れに情景が変わって行く
期せずしてその後のスラップスティックアニメの
背景の音楽を予見するような感じ
楽しい

また
いくら永遠のアイドルRavel様編曲とはいえ
ピアノ版「展覧会の絵」が好きすぎるので
オーケストラ版をやはり久しぶりに聴いたけど
やはりイイ部分はけっこうあったし
Ravelらしく繊細ながらも打ち出の小槌

そうそうRavelはオーケストラの魔術師
そのオーケストラの使い方はどんどん進化して
大編成のなのに同時に演奏する楽器の数が極端に少なかったり
ソロを重視したり
それ以前のオーケストラの在りかたとはまったく違って行って
つまりは
いくつもの小編成室内楽団が交代しながら曲をつないで行くような
そんな手法を多用する
そんなだから
曲によってだけど
Ravel様のオーケストラだけはなんだかお気に入りのものがあったりするのだった

とは言うものの
このCDはムソルグスキー
偉大なる先駆者であることよのおお

もう一つ
雑貨屋さんで
グランヴィルの花のシリーズのトランプ購う
トランプ全部違う絵
小さいけど
キレイなのだった
19世紀にパリで造られたものの復刻版とのこと

私はグランヴィルの星のシリーズが一番好きなので
星のトランプもあれば良いのになとは
思ったけれど(^_-)♬


posted by nuduca at 14:08| 夢の中の幽かな音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。