2008年02月09日

もういちど雪

snow20001.jpg

車で出かけ
戻る時には
降りしきっていて
その視界の曖昧さが
随分 韶くしかったので
カメラが無いことが
悔やまれた


snow30001.jpg

雪の渋滞で
難儀してからやっと戻り
いつもの視点で
撮りはじめる
雪の夕暮

雪には
何時だって
閉じこめられる
それは私の心理の
嗜好品で
今は二月
ところが夜には雨に
銅版の屋根の雨の音
雫の囁き
長い髪

触れる
指は
冷たい風の音の櫛

もう一度
真冬の
鳥の聲 と 唐突に飛び去る水面の音
芝生の上の
小さな二人乗りの
ブランコ

おやすみなさい


posted by nuduca at 20:54| Comment(0) | 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。