2012年10月08日

soon

IMG_6564.jpg
ところが
ずっと向うに黒い森が視えていて
何時かそこに軟着陸することは解っているけれど
これはもうずっとずっと先のこと
小さな頃に
深い深い井戸の象徴で
朧げに死に向き合ってみたものの
それは遥か彼方の事の如く
そのように
果てしなく滑空する
思い出の小さな公園の
永遠ほどに冗長な
すべり台

ステンレスのすべり台
水の流れているすべり台

錆びてザラザラなすべり台を
靴の底でなぞる
または無数のローラーで百足のように視える
丘の起伏に沿ったすべり台

小さい頃のことを思いだす時に
時々
それが夢だったのか本当だったのか解らない
本当の事を説明することよりも
思いついたままの空想を蕩々と語るような
良く言えば想像力豊かな
普通に言えば徹底した嘘つきだったので
夢と現実の区別なんて気にも留めなかった
それで余計に
子供の頃の記憶なんかあやふやになってる。

夢どころか
自分のついた嘘を
本当にあった事と錯覚して記憶している部分もあると思う
楽しく考え直せば
過ぎ去ったことは想うまま改訂できるような
そのようなこと

かといって
記憶が凡て曖昧ということもなく
知っているんだ
指先や
ちょっとばかり衰えた視力や
もちろん鼻も口も
すっかり閉じこめられた
脳細胞に繋がっていて
たまには
遠出してみては如何ですが
あの瀬戸の島に私信など如何ですか

手を差し伸べて
神経細胞の行幸を促す

こんばんは
おはようございます

ああ
落ち着かないな
風邪薬を呑みすぎて
視神経を飲みすぎて
指先が少し震える

それではもう一度
おはよう御座います
朝には凋んでしまう
夜の花が
窓の外から
含羞みながら
ハンカチを
振っているような
ちゃんとは覚醒していない時にだけ
そこにある
昨日の夢の彩度
むかしの
着物の
かさねの色

IMG_6177.jpg

IMG_6588.jpg


posted by nuduca at 00:25| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

Sansevieria stuckyi

IMG_4336.jpg
この頃ほんとうに視力が衰えている気がするのだった
ピントを合せるのに難儀することが多いし
合せたつもりが
合っていなかったりもする
しおしお

IMG_4328.jpg

IMG_4329.jpg
posted by nuduca at 09:01| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

paper planes

32151513.jpg

IMG_1851.jpg
posted by nuduca at 19:53| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

2011年10月31日

return of the son of Dr.Fu Manchu some more

IMG_1312.jpg
真に万聖節前夜の超自然現象ともいうべき
シイタケを
コロタンが持ち帰って来る

IMG_1314.jpg
愕然!!!
でもすぐに
バターソテーで
Halloweenの御馳走に!

IMG_1316.jpg
iPodと比較の事!

04c_6.jpg
posted by nuduca at 19:17| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

けんけつ

IMG_1221.jpg
posted by nuduca at 12:42| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

Odilon Redon

IMG_0945.jpg

IMG_0962.jpg

IMG_0956.jpg

三菱一号館のルドン展のチラシとホームページがあまりに醜悪で酷い件...

http://mimt.jp/redon2012/
 ←問題の....みんな観てね!// 

あのチラシとかページ作った広告担当者の談話みたいの載ってるページ見たいのあってそのダメダメっぷりというか、... もう言っても仕方ない... 本当に駄目だ
http://b.hatena.ne.jp/articles.touch/201110/6246

ここに載ってる楽譜のRavel全集に編集方針として「... 単に音を連ねた譜面だけを提供するのではなく、作曲家が生きた時代を、その背景としての歴史、文化、言語の文脈とともに可能な限り浮かび上がらせ、その概念的枠組みの中であらためて楽譜の音と向き合っていただきたいので..... あたゆる資料を精査して.... 云々」みたいなこと書いてあって、その時代のフランス文化の精神的特質みたいなことにまで触れられてて、ああ、Ravelというか音楽文化にきっちり敬意はらって楽譜出してんだなって思って嬉しかった。 ラヴェルは「さかしま」を読んでルドンを知って、友人の紹介で23歳の時に35歳年上のルドンと知りあってるし、その内向的な気質とか、古典的な題材を自分の個性で現代的につくり直して行くあたりとか似てるように思う。自分にとってラヴェルは昔からアイドルだし、ルドンは小学校の時にポーの挿絵で出会ってからずっと好き。(^_-)。。 なんかその三菱一号館のルドンのダメダメちらしって、「芸術を提供する側」としてその提供する内容への知的探求心も敬意も全く持っていないからこその結果のような気がする。思想が無い美術館なんて現代には通用しないし、それはもう収集方針とかにも絶対通じる問題だと思うけど、新進のというより後から来た美術館としてはもうそれは致命的に駄目駄目だなとか思った。と 言うより ルドンをいじめる人は許さない!!! (^_-) (^_-)

ラヴェルのソナチネの中のメヌエット(といってもそれは古典的なメヌエットの形式の中にぶっちぎれた位現代的な和音を詰め込んだ美しい曲ですけど)の最後、曲が終ったかなって後に、とんでもなく綺麗な装飾音が現われて(カデンツァとかじゃなくてね)、それ凄いなって昔から思ってたのだけど、今回この楽譜購って初めてラヴェルがその部分について「舞踏が終ったあとの挨拶のリズムで」(メヌエットはもともとダンスの一形式)って言った事があると知って、なるほど挨拶の部分だったのかと納得したし、やはり当時としては強烈に斬新なその音と、曲に額縁まで付与するようなその発想にいたく感動したのでした! 楽譜編集者さんありがとうって感じ、ひひ
あ こんなに最初からこんな長いコメント書いたら只でさえ少ないフォロアーの方がきっと減るぞ! ひひ
これブログにも載せよう 笑
posted by nuduca at 08:38| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

the terror of mantis

IMG_0701.jpg
おなかにいっぱい卵を孕んだ
ほんとうに大きな蟷螂が
壁伝いに歩いていた
上へ上へと
きっと軒下にでも
産卵するのだろう

IMG_0694.jpg
それは
お茶を嗜んでいる時のことで

IMG_0714.jpg
それはそれは
良い季節
posted by nuduca at 08:39| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

モラン

foooox_003.jpg
キツネ モランの冷気におそわれる

foooox_001.jpg
けっきょく 凍結
posted by nuduca at 23:33| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

***

foooox_002.jpg

きつねは
あっちのほうできらきらしてる
てのとどかない
とおいほし
posted by nuduca at 23:32| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんか意味もなく面白くなってきた(^_-)

962bc2d424af4b079e487ee6bf51eec2_6.jpg
キツネが.... うわ〜〜〜ん........

447469b9f7f54b788cd970915be598ba_6.jpg
キツネがにゃんこ先生(自作貯金箱version)にのしかかられてた

1638521ad80c49849fbb8b8f3e332c02_6.jpg
キツネがキョロちゃん(黄金version)にほとんど消化されかかってた

adda04a6743e47f69e3831f6932af45b_6.jpg
キツネがキョロちゃん(ノーマルversion)に啄ばまれてた

2a9276aded41407eb69f145f4a9372a6_6.jpg
キツネがシリキ・ウトゥンドゥに無理やりタワー・オブ・テラー に乗せられてた

f071fd4a00794affaff94aad76a6a462_6.jpg
キツネが変な生き物に齧られてた
posted by nuduca at 12:57| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

***

tumblr_2.jpg
ついに鹿さんグラスの巨大角の
い ち げ き
posted by nuduca at 02:17| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

//Fox Trot Amusement Facilities//

1c4f450655bd400f8899160d361fe2fb_6.jpg
きつね うわばみの 餌食にする

5db3d7cd17024ba4a2bad7bcf9116ee8_6.jpg
きつね 電気ブランで 潰す

26b73d22fa1d45bc95c55d884e1dc974_6.jpg
ファーファのお風呂にはいる

b1be6f5871f547cf877234bf7055d1d3_6.jpg
だいたいこの実芭蕉(ばなな)食べられないのおかしい

fd236e55c5b6457c99a6de477c2dcc62_6.jpg
鹿さんグラスで酩酊する
泥酔する

キキ〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by nuduca at 19:35| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デンドロビウム

IMG_0322.jpg

なんだか
疲れた なんだか 大変だった 夏の間
いやはや なんとも だから
アルコールでグラグラになってやる

IMG_0320.jpg

ずっと欲しかったのだけど
ちょっと高価で手が出なかった鹿さんのショット・グラスを
先日友人に頂いたので
呑むのだ
しかも 電気ブラン 笑

IMG_0321.jpg

それから呆れるほどかわいい
ファーファの入浴剤で
お風呂にもはいってやる!!!
posted by nuduca at 19:09| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

蝙蝠

cocoromori0001.jpg

気がつくと壁に蝙蝠がいた

cocoromori0002.jpg

蟲網でつかまえて
外に逃がそうとして
なんどか獲り損ねて
蝙蝠が逃げ回り大騒ぎに

でも無事外に運び出すと
直ぐに夜に翔びたったのだった ひひ
posted by nuduca at 08:10| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

R.I.P. Captain Beefheart

RIP Captain Beefheart.jpg

勿論これは私の撮った写真ではありません
Captain Beefheartです

あ〜〜〜あ
12月17日に亡くなって居たんですね
なんてこった

くしゅくしゅの髪の毛に
魚のお面

R.I.P.
Requiescant in pace
May he rest in peace!
posted by nuduca at 21:31| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

resignation

IMG_5695.jpg

肉眼での
ピント合せが
ほとんど不可能に
なってしまったのだと悟ること
posted by nuduca at 09:49| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

Venus im Pelz

IMG_4722.jpg

IMG_4724.jpg

雑誌の載っていた
羊の毛皮のストールにものすごく惹かれた
どうやらボタンで留めてある
広げるとどのような形のだろうか?

それで私は
兎を二匹と
淡い水色の羊皮で
ストールを作ってしまおうと思ったのだった

無謀な計画は
夢の跡の慰めにもなるものだし
posted by nuduca at 21:09| 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。