2008年02月20日

2008年02月19日

探偵小説

IMG_2115.jpg

常に
無意味に過剰に働き続ける私の困った性質の脳味噌の
手軽で適当な弛緩の方法は
アガサ・クリスティーの本を読む事だったりする 笑

ただぼんやりと読み続ける

なにもせずにただぼんやりとするということの不可能な
厄介な私は
脳味噌を休ませるにはもう
睡るしかないわけだが

かろうじて気楽な本を読み続けることによって
弛緩した状態を設けられる


続きを読む
posted by nuduca at 20:38| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

こともなく

IMG_1953.jpg

日は暮れる
posted by nuduca at 17:06| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

夜 車で

IMG_2058.jpg

北から戻る途中
さらに北から走って来ているとおぼしき車の多くは
雪にまみれて居た

北の方は余程降っているのだろうと思った
posted by nuduca at 07:02| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

slime

IMG_2046.jpg

最近の
お気に入りらしい...


続きを読む
posted by nuduca at 09:01| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

ラオス

IMG_1957.jpg

なんとなく書店で購った
東南亜細亜の内陸国ラオスの
孔の開いた硬貨...
なんだか魅力的だったので 笑

普段使っているナイフの柄の革紐に
これも意味も無く
通してみる
飾りに


続きを読む
posted by nuduca at 11:20| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

gong

IMG_1893.jpg


posted by nuduca at 07:00| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

箱庭

IMG_1890.jpg

鹿児島のお土産に
硝子の雫のようなものを頂く
薩摩硝子とやら

なかに気泡が入っている
これも箱庭のように思える

続きを読む
posted by nuduca at 11:24| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

本屋さん

yuki0001.jpg

積もらない程度にちらりちらりと
雪の舞い降りる曇り空が続く
そんな夕暮に...


続きを読む
posted by nuduca at 06:23| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

あさのあいさつ

IMG_1832.jpg

あさのあいあさつ おはよ
ひるのあいさつ こんにちは
よるのあいさつ こんばんは


エルガーの「愛のあいさつ」にあわせて
教育テレビの幼児番組で
唄われているのであった


続きを読む
posted by nuduca at 08:06| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

胡弓 胡蝶 胡椒

IMG_1805.jpg

頂き物の胡蝶蘭が咲き誇っている

しかし蘭は次年も咲かせるのはほとんど不可能
だからなんとなく何時も申し訳なくて
寂しくなる
鉢物の蘭は何時だって寂しい頂き物だと思う

胡弓 胡蝶 胡椒 胡桃 胡博士 胡粉 胡瓜 胡楽 胡琴 胡散 胡風 胡麻
胡蝶之夢
posted by nuduca at 07:32| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

2008年02月03日

IMG_1739.jpg

云いようの無いほどの不安感を抱いて眼醒める
外に出てみると
深夜から降っていたらしく雪がかなり積もっていた


続きを読む
posted by nuduca at 06:23| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

夜毎の美女

music0002.jpg

なんということだ
良くないことが続きすぎる
今日 ころちゃんが骨折した
大騒ぎだ
ここまで続くと
尋常とは思えない

こんなときにこそしっかりせねばと思うのだが
そう思えば思うほど
沈み込んで行く上に
あらゆる事物が自分を迫害しようとしているのではないか と
思われてくる

一種の被害妄想のようなもので...


続きを読む
posted by nuduca at 18:37| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

停滞

music0001.jpg

やらなければならないことが山ほどあって
こなそうと思えばこなせないこともないにも関わらず
無理をしてでも何もしないでいようとするような
そのような気分

つまりは出来得る限りすべてを後回しにしようとしている

片付けなければならない煩瑣な事柄があるということそのものが
なんともかんとも我慢ならない


続きを読む
posted by nuduca at 06:38| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

中国旅行

guitar02.jpg

今日の朝は
中国を旅する長い夢を視ていたようだ

以前桂林あたりを旅した時に「陳さんの社」だか「祠」だか呼ばれる
印象深い場所を訪れた
如何にも清朝のはなやかな時代の住居といった感じの場所だった
どうやらその場所にも夢で赴いた
しかし夢のそこはrestaurantとなっており
私は差し向いで見知らぬ女性と何か食べているようだった


続きを読む
posted by nuduca at 06:19| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

モスラ

guitar01.jpg

最近よく足を運ぶ変なリサイクル・ショップみたいな店で
「モスラ」の中古ビデオを購ったのだった。
最近の日本の映画などあまり見た事が無いので本当は何も分からないけれど
そのモスラは実に真摯な娯楽映画であって
当然古くはあっても言い知れぬ魅力を湛えた映像なのであった。
今の日本にこのような実写の娯楽映画は絶対に無さそうに思えたのであった。
造りえなさそうに思えるし、造ろうとも思わないのだろうけれど。

またそれは言い換えれば実写版のアニメのようなものであり
あのような映画を実写で造れなくなった日本の今に
アニメの文化があるのだろうか?

などど思い巡らす私だった。

続きを読む
posted by nuduca at 06:24| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

悲しい鳥

guitar.jpg

昨日
水辺で悲しい鳥の聲を聴きました
剥げかかったペンキの藤色の板壁の家を視ました
なにもかもが変って仕舞うのでしょうか
それとも
いつまでも変らない人も居るのでしょうか?
ウッディ・アレンの「マンハッタン」の最後の
トレーシーの言葉を思い起こす私です。


続きを読む
posted by nuduca at 11:41| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

お正月ももう

IMG_5160.jpg

すぐに下旬に...
それにしても眠たい日々であることよ...
posted by nuduca at 12:21| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

秋深し か

IMG_4767.jpg
posted by nuduca at 07:00| Comment(0) | 夢の中の懼ろしいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。