2010年03月10日

***通信

IMG_1377.jpg
あとはM&Dに...


posted by nuduca at 11:09| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

もう一息か?通信

IMG_1366.jpg
ラベル:R-80
posted by nuduca at 16:56| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深更通信

IMG_1361.jpg


IMG_1353.jpg


IMG_1360.jpg

もう一息
フロントフェンダーのステー作製と
流用するフェンダーの整形作業
小夜 夜中 半夜 深更
posted by nuduca at 06:16| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

風邪通信

IMG_1286.jpg

深夜に寒いところで
無理したような...
風邪
具合悪い通信...
posted by nuduca at 14:54| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

ラットフィンク通信

IMG_1269.jpg
兎に角 流用
昔のMotoに付いていたテールランプのステーに
ラットフィンクを装着してみる...... 苦笑...
なんとも良い感じに悪趣味...

IMG_1272.jpg

もともとこれ
IMG_0853.jpg
はっきりいって
こっちの方がずっとすっきりしててカワイイ
普通にカワイイことは重々承知しております。。。
ラベル:R-80
posted by nuduca at 09:20| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

ほねほね通信

R-800001.jpg***

経過報告 その1
posted by nuduca at 11:03| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

2010年02月18日

ニーグリップラバー通信

IMG_1108.jpg
革細工用工具完全流用でゴム製品作製

IMG_1110.jpg
2枚のゴムを重ねて接着してあるこの
自作ニーグリップラバー
どの位の耐久性を得られるだろうか?
まったくわからんけど
購うと莫迦みたいに高いし
なにやら造るのはいつだって
楽しいし
posted by nuduca at 09:40| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御近所通信

IMG_1106.jpg
ネットで
FRPのフェーエルタンクを購っておいたのですけれど
歩いて三分御近所の板金屋さんの御好意で
自分でするよりもはるかに廉価で
フィアットの純正色の黄色に塗って頂きました
ふうう

なんでフィアットって 笑
いやただ ちょっと褪せた感じで
レトロな雰囲気なんですよね
フィアットの黄色って

でも何故黄色?
自分が
黄色になっちゃう理由色々考えてみました。

まずはやはり
憧れのエド・ロスおじさんの最高にかわいい未来カー
rc01_1280x1024.jpg
Mysterionの影響は大きいです。
いつだってエド・ロスおじさんは最高。

それから自分の最初の
トライアル・コンペティション・Motoの
GasGasが黄色だったってのも大きい気がします
txt200.jpg
すごいかわいいお気に入りのMotoだったけど
エンジントラブルで涅槃寂静... 

それでハスク
レモン・イエローにしてしまいましたし...

ああ 黄色
ザッパの紫
posted by nuduca at 05:57| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

2010年01月31日

ラダー・レール通信

IMG_0936.jpg

ああ 「ただより高い物は無い」
手持ちのラダーレールの許容荷重は300ポンド 約145キログラム
これではいくら何でも
214キロのR80の搭載に使うのは無理
横浜まで空冷水平対向似2気筒を引取に行かなければならないから
その時の積込みに必要なのに


IMG_0938.jpg
話かわって
これは予備ガソリンタンク 1リットル・ボトル
これでも何かの時にはたいへん役に立つし
気に入ってもいるのだった

posted by nuduca at 21:32| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

2010年01月27日

新古典主義Kustom計画 #9

IMG_0906.jpg

また何やら使い古しのテールランプ発見!
しかも五個???

レンズなどヒビが多くあって
状態は良くないけれど
Kustom Motoで良く見かける
丸形の小型テールよりもずっと品格あってよろし

使えるかな?

それにしても
車検に関すること分からな過ぎる
どうなることやら
posted by nuduca at 11:01| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

いやはや

IMG_0003.jpg

今回 いや 何時だって
Kustomは出費を抑えるのが肝要
なにしろどうしても必要な蕩尽が立ち現れるわけだから
それ以外はとにかく切り詰めなければ

それで
自分ガレージ・デットストックやら
使い古しやらの探索も続けている

そしてウィンカーを発見
確かscorpa TY-Sに最初に同梱されてたものだけど
トライアルにはこれだって大き過ぎるので
結局使わなかったものだ

普通に考えれば小さくて丸くて
黒い部分もよろしく塗装すれば
それなりに見えそうだ
なにしろ
Neoclassicism Kustom Motoだから
新しい部分とヴィンテージな部分はごちゃまぜにする予定だし
フェンダーとかはカーボンでとまで思ってるので
後はどのように装着するかで

とかなんとか
もう先走り妄想とどまらず..........
posted by nuduca at 16:09| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

mooneyes scull tail lamp通信

西海岸Kustom文化は
この倭の国では(日本語としての)Yankee文化と紙一重の顕れ方をするし
それは受けとる側にとっても同じで
普遍的な客観性に対して
「これはYankee文化じゃないよ、カリフォルニアだよ!」と知悉して頂くのは
至難である。

考えてみると
日本語としてのYankeeの用法の起こりは知らないけれど
もともとYankeeはNew Yorkerを指すわけだから
亜米利加を示唆しているという意味では
当らずとも遠からずと云えるのかもしれない...
.... いや......  違うよ!!!! 笑

とにかく
日本で車とかMotoとかいじっていて
それが欧州風ではなくて米国風だと
どうしてもYankee文化との混濁が仄見えてくるのだ!
嫌だ
それは
嫌なのだけど
やっぱり
beachboysの音楽も
カリフォルニアも
ホットロッドも
そして
エド・ロスおじさんも
ラットフィンクも
捨て難い

そんなこんなで妄想を繰り返す日々
おかしなテールランプ発見
髑髏だ 笑
aa163skm.jpg

ああ
昔から髑髏に弱いのだ
それは
勿論 メメント・モリ(Memento mori)
ラテン語の「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」を
象徴するものであって
また
古い時代に欧州で
「静物画」がvanitas(ラテン語で「空虚」)と呼ばれていた時代に
画面に頻繁に現われた髑髏でもある。
Pieter_Claesz.jpg

また
髑髏をこよなく愛したとしか思えないような逸話の残る一休禅師の
(たとえば、お墓で拾った髑髏を棒の先にさしてお正月の京を彷徨い歩き
 『めでたい めでたい 髑髏は眼が飛び出ちゃってるから目出度いよ〜〜』
 とか騒いで、顰蹙かったり 笑 笑.... !! ああ 一休さん...)
仮名法話絵巻のかわいい髑髏も忘れ難い。
gaikotu.jpg
今風に云えばマンガスタイルで一休禅師の思想を解りやすく端的に表現した
奇書名著

その他諸々 メキシコの「死者の日」まで見渡せば
つまり髑髏はまったく古典的な象徴なわけだ

だからして
このようなテールランプなど独逸車の後ろにあしらってあれば
見る人も
「おお R80に髑髏テールとは厳かな!
          それでいてなんと洗練されたKustomか?
 中世フランドル派の静物画を思わせるだけではなく
 これはブリューゲルやボッシュの想像力をも凌駕する閃きだ!
 いや、これはもしや中世の禅思想の具現なのか?
 いわば現代の枯山水庭園であって、このMotoが街を走ることそのものが
 禅の思想を現しているのかもしれない!??
 また、その遊び心には夢野久作のドグラマグラのような迷走ぶりが観られる。
 ドグラマグラの小説中のあの狂気を誘う絵巻物なのか?
 なんといけてるMotoじゃないか???」
と達観頂ければよろしい訳だけれども...

実際には
「なにこれ? 趣味悪る〜〜〜 」の一言で
終ってしまうのであろう...

だから勿論このようなテールなど
ありえないわけだが
なんとも心惹かれる
良い感じの
テールランプであることよ 笑


朝から徒然想う支離滅裂さ
どうせ誰も読まないから良いようなものの
呆れたweblogだなあ...
posted by nuduca at 06:17| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

Wolfsburg通信

IMG_0900.jpg

なにかと忙しく慌ただしい今日この頃なのだが
頗る調子が良いのだった
なんだか調子が良い
なんだか
毎日
楽しいのだ

だから
そうそれで
まあ阿呆な散財とは重々承知の上で
些細な品々をnetで収集中
ほらだって
青白プロペラ・エンブレムを外せば
そこに凹みが出来てしまう悲しさ

狼城の凸面ステッカーはそれはそれ
勿論カブトムシ工場のある狼城市のエンブレムな訳だけど
それに気付く御仁も少ないであろうから
その
狼と白と水の象徴を
あしらってみようと思っているのです。

だってきっとかわいいよ
posted by nuduca at 18:05| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

Neoclassicism Kustom Moto R80

R80 空冷水平対向2気筒Kustom計画

う〜〜〜〜ん
「タダより高いものは無い」
空冷水平対向2気筒Kustom計画 そうそれは楽しいのは楽しいのだが
煎じ詰めれば
tandemつまりは二人乗り出来るMotoが転がり込んでくるということに尽きる
それ以外の楽しみは危うく
難関は多い

いろいろ考えていたら なんだか複雑
些細なことと言えばそうなのだけど
まず油圧じゃなくてワイヤーのクラッチなんて気持ちも萎える
それはそれは設計古く重くかたく渋いこと間違いなし。

そしてスポークホイールはそれはそれはclassicalでよろしいけれど
中にはチューブが入っているわけで
つまりパンクしたらそれこそ往生するわけだ
普通のチューブレス・タイヤ用のパンク修理キットなど使えないのだ。
タイヤ外してチューブひっぱり出さないといけないわけだ!
(往生とはもともと仏になるという意味なので、
 けっして悪い意味合いではないのだが
 「往生する」とはすなわち死に臨むほどせっぱ詰まるという意味合いで使われ
 極限の状態を指しているわけです。 笑)
だって
ツアラーなんだから遠くに行きたいわけですよ、なのにチューブタイヤじゃ
もしものときに思い遣られる。くうう

そしてなにより
乾燥重量214kgって何??
はああ??
嫌だ 重過ぎる
.......................
そりゃあ 徹底的に無駄を排除して軽量化を図りたくもなるというもの...

ああ もともと例の青白プロペラ・エンブレムを徹底的に排除するための
Kustom計画
(だってそうゆうステータス感が心底嫌いなのだ!
 それはもう正常の域を超えて嫌いな私なのだ!)
しかしKustomしたところで
結局床の間Motoとなりそうで怖い
いやしかしやはりtandemは魅力的
でもtandemでクラッチ重いの辛いだろうなあ...

さて
ちなみにこれはFlickrで拾ったどなたか異国の方の
空冷水平対向2気筒の徹底的Kustom
正にR80でカフェ・レーサー
このくらい軽快に見えればな!
でも勿論 カウルなんて要らない
ネイキッドで!
それから
青白プロペラ・エンブレム付いてないよ 粋だねえと思ったら
おしりの部分に一つ付いているようです。残念な事だ!!!
2621656852_9b0fd3dff3_2.jpg


これもnetで拾ったどなたかのやっぱりカフェなKustom
こんな雰囲気に保安部品質素に取り付けたようなのを
目指そうと思う
75racer-2.jpg


そしてタンクの色はカナリア・イエローとクリームイエローの中間
この色合い こぺ
IMG_0893.jpg
posted by nuduca at 07:28| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

Neoclassicism Moto

空冷水平対向2気筒Kustom計画
posted by nuduca at 19:18| 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

大人げないこと極まりなし通信

IMG_0853.jpg

縁あって再従兄弟の形見として
空油冷 水平対向2気筒 800cc つまりボクサーエンジンの
motorcycleを頂くこととなりもうした。
あやや
水平対向2気筒といったらもうあれである
ほとんどあれしかないのだから
複雑でもある。
もともとそのような人目を引く
青白エンブレムなど心底苦手ということは別として
細くて軽い
煎じ詰めればtrialなMotoしか興味無いの私なのだから
そのようなアウトバーンなツアラーとか対極だ。

でもさ
そのような縁なければ絶対に有りえないような出逢いなのだから
自分なりに存分に楽しんでみようと思う

そんなこんなで
少々情報収集などしてみていたら
意外にもカフェレーサーっぽいcustomもあったりするのだ
ああ そんなのなら愉しそうだ
やっつけてやる
徹底的にそれらしくなく軽快に!

それで
自宅ガレージ在庫パーツなど
探索したら
忘れかけていたクラシカルな
テールランプなど発見
なんだか懐かしい
使えると良いな!

さて
エド・ロス萬歳
そうそう
スペリングは
Kustomで!!!

眠い!!!
posted by nuduca at 21:59| Comment(0) | 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

森散策のその後通信

IMG_0783.jpg

日光Lancatlgueの森moto探索で
小枝にでも引っかけたのか
服に裂け目を作ってしまいました
ロンドンの子供服屋さんで購ったお気に入りのパーカなのに

それでミシン作業してみたけれど
なんだか
毛虫がたかってるような具合になってしまった
でもまあ
良いのですけどね

IMG_0784.jpg
posted by nuduca at 17:04| Comment(0) | 夢のようにMotoで疾駆すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。